トップペーシ゛へ


 
由来と七夕飾りの作り方

著者    菊地 ひろ子
       菊地  節子

七夕の伝説と由来
 七夕伝説
 七夕祭の由来
 七夕の語源
仙台の七夕
 仙台の七夕と奈良の天の川と織姫神社のつながり
 藩政時代の仙台七夕まつり
 現在の七夕祭りに至るまで
 仙台七夕、七つ飾りの意味
 七夕飾りの作り方
 七夕の不思議
 発刊に寄せて
1.七夕の伝説と由来
<七夕伝説>

 七夕の星祭りの、天界に繰り広げられる物語は、中国に古くから伝わっている伝説です。

 むかし、天の帝に織女(しょくじょ)という一人の美しい娘がおりました。技芸にすぐれ、毎日、機(はた)を織って暮らしていました。

 そのうち、農耕に一生懸命な牽牛(けんぎゅう)と結婚し、二人は夫婦になりました。ところが、それからというもの織女は、あれほど熱心だった機織りをやめてしまったのです。父の天帝は怒って牽牛を織女から引き離し、銀河のかなたに追放してしまいました。しかし、悲しみにくれる織女を見かねた帝は、年に一度、七月七日だけ逢うことをゆるしたのです。

 以来、牽牛は七月七日が来ると、銀河を渡って織女に逢いに来ました。その日が雨のため、水が増して銀河を渡れないと、鵲(かささぎ)が群れ集まって翼を広げ、橋となって渡してくれました。織女は琴座の「ベガ」、牽牛は鷲座の「アルタイル」という星で、この二つの星が、年に一度、七月七日の夜に近づくところから、この伝説が生まれました。



<七夕祭りの由来>

 織女星(しょくじょせい)と牽牛星(けんぎゅうせい)−この二つの星を祭って、乞う(願う)巧(技芸)奠(まつり)を意味する乞巧奠(きっこうてん)は、日本でも早くから取り入れられたようです。白鳳時代の持統(じとう)天皇五年(西暦691年)七月七日に、公卿たちと宴を開き、衣服を贈られたと日本書記にあり、また、公事根源(くじこんげん)には、孝謙(こうけん)天皇の天平勝宝七年(西暦755年)に、初めて乞巧奠を行ったとあります。

 七夕祭りはその後もながく行われてきましたが、宮廷と武家に限られたもので、これが民間に伝えられるようになったのは、近世に入ってからのことです。江戸時代の寺子屋教育の影響によって、織女星と牽牛星の星が一年でもっとも近づく七月七日にはこれを祭って、女の子は手芸の上達を願い、男の子は手習いの上達を願いました。また、幕府が七夕をふくむ五節句を制定したこともあり、七夕祭りは全国に広がっていったのです。七夕飾りの最初は、笹竹に五色の糸を垂らすだけでした。「和歌」で宮中に仕えた公家の冷泉家(京都)は、様々な文化と共に七夕の行事を昔ながらに今に伝えています。

 その後色々と移り変わり、五色の糸も吹き流しとなり現在の七夕となったのです。
 冷泉家では、旧暦七月七日に乞巧奠を行っていますが、二星へのお供え物をのせる祭壇を星の座と呼んでいます。

織女は琴座の「ベガ」、牽牛は鷲座の「アルタイル」
乞巧奠(「きっこうてん」「きっこうでん」 
と二通りの読み方があります)

<七夕の語源>

 日本では古来、正月と七月の、月が満月になる十五日は、祖先の霊を迎える祀(まつり)の日で、正月の七草の日とともに七月七日(ナヌカビ)は、十五日の祀りの準備に入る斎日(いわいび)でした。

 七月七日頃はちょうど稲の開花期。水害や病害虫が心配される時期でもあったことから、稲の収穫の無事を祈ろうと七夕をもって田ノ神の祭りとし、水辺に設けられた棚の上の機家(はたや)の「棚機」(たなばた)で、選ばれた乙女たちが先祖に捧げる御衣(みころも)を織り上げました。この乙女たちを「棚機女」、「織女」と書き、″タナバタツメ″と読みました。

 この行事が、中国の星祭りと結びついて、「たなばた」を「七夕」と書くようになったと言われています。

             キクチ 1978年 金賞
ほしひかり あまた幼子いつくしむ 幸せいのる こよい七夕」
2.仙台の七夕

            キクチ 1997年 金賞

<仙台の七夕と奈良の天の川と織姫神社のつながり>

 奈良時代以前に、朝鮮半島の戦に破れた百済(くだら)王家が日本をたよって逃れてきた際、時の天皇により多賀城の守りを命ぜられました。

 聖武天皇が造営した、奈良の東大寺の大仏は、当時、金箔にする金が不足し完成が危ぶまれていました。この時、多賀城の百済王敬福(きょうふく)は、遠田郡涌谷の黄金山神社一帯で大量の金を発見し、天皇に献上しました。その砂金のおかげで大仏を完成できた聖武天皇は大変お喜びになり、この功績により、百済王家は奈良近く(現在の大阪府枚方市付近)の交野が原(あたがはら)一帯を賜ったのです。そして、川の名を天の川(淀川上流)とし逢合橋をはさんで、織姫が祭神の機物(はたもの)神社と牽牛石(けんぎゅうせき)(枚方(ひらかた)市に現存)を祀りました。

 百済王家は、その後も数代にわたり、陸奥守に任ぜられたのです。

 このように中国で生まれた風習が、朝鮮半島の百済、奈良を経て、奥州、仙台へと伝わってきたと思われます。


          キクチ 1998年 特別賞

<藩政時代の仙台七夕祭り・・・>

 藩祖政宗(はんそまさむね)公が、寛永六年(1629年)七月七日に、母・保春院の七回忌の折に、「七夕の逢瀬(おうせ)ながらも暁(あかつきの)の別れはいかに初秋の空」と歌を詠んでいることから、この時すでに七夕の行事を取り入れていることがわかります。政宗公は、婦女子文化のためにと七夕の行事を奨励したとも言われています。

 また、四代藩主綱村(つなむら)公が八才、幼名亀千代君(かめちよぎみ)のときに書いた「七夕」の書が残っています。さらに、伊達家の大藩士だったという「浜田氏年中行事」には、「六日 五色(ごしき)の紙、色紙、短冊に詩歌を書いて竹へ付、牽牛織女の星を祭る。七日朝なれ共旧例によって今夜より七日夜まで立置也(たておくなり)」とあり、武家の七夕の一端が見られます。

 仙台の七夕祭りは、昔は陰暦七月六日の宵(よい)に行われましたが、明治になって陽暦八月六日の宵にと変わり、近年は八月六日から八日までの三日間行われるようになりました。二代目十辺舎一九(じっぺんしゃいっく)の「仙台年中行事」には次のように書かれています。

 「七月七日棚機祭、六日夜より篠竹(しのだけ)に、色紙(しきし)短冊(たんざく)、草々(くさぐさ)の形を切って歌をかき 又は堤灯をともし 七日の朝評定川または支倉川、澱川(よどみがわ)へながす」

また、伊達十三代藩主楽山(らくざん)公慶邦(よしくに)の随筆「やくたい草」にも、
「七月七日を七夕といひて、六日の夕より七日の朝を、五色の色紙短冊に書き、又うちわ扇様の類おもひくに女子どものつくり物、笹竹にむすびつけて軒端にたて、二星をまつりて、其笹竹を七日の朝には、かならず川に流す事は、いづこも同じならはしなり。仙台にては六日の晩にこのまつりをして、七日の暁には広瀬川の評定橋より笹を流す風習なり。(下略)」
と、七夕の様子が記されています。

 六日の宵に竹を立てて飾ることは、従来から全国で一般的だったようです。


       キクチ 1999年 銀賞

<現在の七夕祭りに至るまで>

 このように、仙台七夕祭りは、武家屋敷、商人町を問わず、町のすべてをあげて軒並みに七夕飾りを立てていたようです。しかし、明治維新の改革後、七夕祭りは衰退し、大正時代から昭和にかけての不況は、さらに衰退に拍車をかけていきました。

 復活したのは、昭和三年に開催された東北産業博覧会がきっかけでした。

仙台商工会議所と七夕祭協賛会が市内の町内会に呼びかけて、博覧会終了後に七夕祭りを実施、初めて飾り付けのコンクールが行われました。仕掛物も披露され、大盛況のうちに三日間の祭りは幕を閉じました。こうして仙台の七夕祭りは少しずつ豪華となり、今では日本一と呼ばれるようになったのです。

 七夕祭りは一時期中断があったものの戦後の昭和21年、まだ世の中が混乱の状態にあったにもかかわらず、その傷跡がそちこちに残る街中に復興したのでした。翌22年8月5日には、天皇陛下が東北地方ご視察の時に、仙台を訪れました。一日繰りあげての七夕祭りの、五彩の笹飾りがゆれる中をお召自動車は通られ、陛下も「実にきれいであった」と大変お喜ばれたそうです。

 その後、七夕飾りも年々、豪華さを増し、神奈川県平塚市や愛知県一の宮市をしのぐ全国一と名を馳せ、三日間の祭りには二百万人を超す人々で賑わうまでになりました。この七夕祭りが行われるようになってから、歴史の中で衰退もありましたが、その火を消さなかったのは、遠来の人々に満足していただけるよう、創意工夫し、美しいものを作ろうという仙台の人々の強い思いがあったからといえます。その熱意が、現在のような繁栄につながったのでしょう。

 ところで七夕にはよく雨が降るといわれています。三日間晴れという日はあまりありません。特に夏の日は夕立が多く、紙で作った七夕はひとたまりもありません。そこで、滑車を使うことで、素早く飾りを下げたり、上げたり、また、ビニール袋を用意するなど、いろいろと工夫がなされています。七夕の三日間は、いつ見物に来られても満足して帰られるよう、みんなで努力しているのです。

<仙台七夕、七つの飾りの意味>

            キクチ 2000年 金賞

 かつては、七夕の前日、町なかには近郷近在(きんごうきんざい)からやってきた竹売りの姿が見られました。笹竹は唐竹(からたけ)と孟宗竹(もうそうだけ)の両方が用いられましたが、最近は、若竹の葉が細かく枝が張っている孟宗竹が多く使われています。

 仙台七夕祭りの特徴である七つの飾りの一つ一つには、作った人の願いや祈りがこめられています。そして、仙台七夕飾りには、七つ飾りを下げるよう、仙台七夕まつり協賛会や商店街では申し合わせているのです。

 伝統の七夕飾りには、次のような深い意味があります。

短冊(たんざく)

 六日の朝早く、カラトリ(サトイモ)の葉にたまった夜露をころがし、小川で洗い清めた硯にうつし取ってそれで墨をすり、詩歌や「七夕」「天の川」などと書いて、歌や書の上達を願いました。昔は、梶の葉に歌をしたためました。現在は願いごとを書くようになりました。

吹き流し(ふきながし)

 昔の織り糸を垂らした形をあらわしていて、機織や技芸の上達を願いました。現在の吹き流しは、この五色の織り糸の形が原点です。

折鶴(おりづる

 延命長寿の願いがこめられています。かつては一家の最年長者の年の数だけ折り、吊るしました。

投網(とあみ)

 魚介の豊漁を祈ると同時に、食べ物に不自由しないよう豊作を祈りました。今年の幸運を寄せ集めるという意味も含まれています。

層籠(くずかご)

 和紙飾りの裁ち屑を中に入れて下げますが、清潔と節約の大切さを養います。

巾着(きんちゃく)

 富貴を願いながら、節約、貯蓄の心を養うことを願って飾ります。

紙衣(かみごろも)

 紙で作った着物で、裁縫や技芸の上達の願いをかけました。七夕竹の一番先端に吊るすという習わしがあり、子どもが丈夫に育つよう病や災いを身代わりに流す形代の意味もあります。

以上が仙台七夕の七つの飾りです。


    キクチ 2001年 金賞 

<仙台七夕の昔からの飾り・・・・・・>

七夕線香(たなばたせんこう)

 普通は、水色の細い吹き流しの端に、一本ずつ線香をのりではりつけたものです。もっとていねいになると、くま笹の葉で帆掛舟をつくって、その下に線香を下げます。線香は、六日の夜更けに火をともすという習わしがあり、七夕祭りが盆の祖霊を迎える準備ということから吊るしたといいます。

 現在は火災のおそれがあるので飾ることもなくなりました。

仕掛物(しかけもの)

 七夕の日、明治の頃から仙台の商店街の一部では、店頭に仕掛物を出して観衆を喜ばせていました。昭和に入って動く人形の仕掛物となり、特に人気のある漫画のキャラクターなどは子供達を楽しませています。

<七夕飾りの作り方>

1.短冊

 七夕に関した言葉−「天の川」「七夕」「織姫」「彦星」などをよく書く。

現在は、願いごとを書く人たちが多くなっている。

・五色の短冊といって、赤、青、黄、緑、紫のいろ紙を短冊の形に切ったものを使う。

・ 細く切ったところを二つ〜三つ折りにして笹の枝にむすぶ。こうすると丈夫でむすびやすい。

2.吹き流し

・巾は3cm〜15cm位

・長さは2m〜4m位

・市販の曲木のまわりに木工ボンドではる。

・吹き流しは二重、三重にすると、ボリューム感がでて、風に吹かれたときは美しい流れとなる。(一番町の大竹は四重位にしているところもある)

・張り込んだ上に重ねてはるのもいいし、小さい曲木を中に組み入れてもいい。

・曲木のまわりには紙をはるか、折花をつける。

・バリエーションとして、輪つなぎをしたり、色ちがいの紙を貼ったり、はり絵や絵を描いて吹き流しの巾に切るなど、いろいろと工夫して作ると楽しい。

・ 最後に三ケ所以上、ひもを結んで竹につるす。

3.折鶴

・ 三百羽〜千羽位折ってつなげる。

・ 中間に4cm〜5cmのストローを入れ、糸でつなぎ曲木に結んで下げる。

・ 吹き流しと同じように、中に小さな曲木を入れて、それにも下げるとボリューム感がでる。

・ 糸はタコ糸の細い丈夫なものを使うと良い。

 4.投網

・長方形の紙を次のように折ってたがいちがいにはさみを入れる。

 (表を外側にして折る)

・大きさによって、5mm〜1.7cmの間隔で切る。

・折ったものを元の通りに広げて中心を糸で結び、下げる。

5.屑篭

・投網を逆さにしたものがくずかごで、作り方は投網とまったく同じ。

・紙が薄いときは二枚にすると丈夫。

 (七夕作りで出来た紙くずを中に入れるため)

・ 切り込みは1.2cm〜1.5cmくらいではさみを入れるとよい。

6.巾着

・ 形、大きさはあまり決まっていないので、好きなように作ってよい。

・ 大きいほど見ばえがする。(手頃なサイズは縦30センチ横40センチ位)

・ ふちの部分を、袋と別の色で組み合わせてもきれい。

・ 出来上がったら、中に紙くずを入れ、紙のリボンをつけてつるす。


7.紙衣

・ 簡単な作り方と本格的な作り方を紹介します。

紙衣の本格的な作り方





仙台七夕を彩るもう一つの飾り

8. くす玉
くす玉は、伝統の七つの飾りの中には入っていませんが、今は出来上がりがきれいなので、たくさんの人が作っています。

 くす玉を考案したのは、仙台市に住む森権五郎さんという方でした。昭和21年ころ、まだ復興もおぽつかないある日のこと、森さんは庭に咲く美しいダリアの花に目をとめました。そして思ったのです。「この花を七夕飾りに利用できないか」…と。さっそく、きれいな京花紙をかごに付けて二つ合わせ、丸くして飾ってみました。これが仙台のくす玉の始まりです。以来、その華やかさにひかれて、いつしか吹き流しとともに七夕の主流となりました。

・材料は、京花紙というやわらかい紙で作る。

7〜10枚の紙を重ねて折り、中心を細い針金で結び、それを一枚ずつ開いて 花のようにする。

・竹で作ったかごに、間隔を少しつめてつける。

・模様を出したいときは、京花紙を半分、あるいは1/4にして作ってもよい。



































七夕の不思議
                        菊地節子
   

不思議その1
 母から各種の七夕講習会の講師を引き継いだ頃のことです。七夕ゆかりの梶(かじ)の葉を、お話を聞いてくれる子供達に見せたいと思っていたら、梶の葉が庭の真ん中で、野鳥が運んでくれた種から実生(みしょう)で育っていたのです。梶の葉は紙が貴重だったいにしえの頃、七夕の宵に、この葉にしたためた和歌を交わすのに用いられました。 七夕のお話し会にはそれ以来、梶の葉を摘み、七夕の古歌を綴って持参しています。

不思議その2
 織姫のベガは青く輝き、彦星のアルタイルは黄白色、天の川の渡し守、ニ星の仲を取り持つかささぎにも似た白鳥座のデネブは白色、この三星が夏の大三角ですが、もう一星、南の地表近くに赤いアンタレスが、七夕の夜空に輝きます。
 この青、赤、黄、白、夜空の黒は基本色となる色で、混ぜ合わすことにより、数々の色が生まれます。乞巧奠(きっこうてん)で飾られる五色の布の順番でもあります。私も毎年手掛ける仙台七夕飾りの五色の吹き流しの基本色に、黒は紫にして取り入れているのです。
 そして又、織姫のベガは地球の歳差運動によって一万二千年後には北極星に替わって、天空の中心に位置します。織姫を中心に星空が廻る時が来るのです。

不思議その3
 琴座は織姫の星座名ですが、名付けられた由来は、ギリシャ神話のオルフェウスのたて琴によります。琴の名手のオルフェウスが亡き妻に焦がれての黄泉(よみ)の国まで会いに行き、琴の音のすばらしさゆえ、妻の方を決して振り返らないという約束事とともに、連れ帰ることを許されますが、約束を破った為に叶(かな)わなかったというお話です。
 これは、日本の神話とも言えるの、古事記の伊邪那岐命(イザナギノミコト)が亡き妻の伊邪那美命(イザナミノミコト)を慕って、黄泉の国へ追って行く話と良く似ています。

不思議その4
 潟Lクチはお陰様で創業五十年を越しましたが、その間仙台七夕の大竹飾りとアーケード下の小竹(子)飾りは、一年も欠かすことなく、手作りを飾り続けることが出来ました。
 私は母の作る七夕飾りを子供の頃から毎年見て育ち、二十数年前からは製作に取り組んでいますが、七夕との縁の深さを感じます。一番町四丁目で長年七夕を飾っている中、仙台開府四百年を迎え、余談ですが、四という数字がその他にもラッキナンバーとして、私にかかわっており、田の神の田という字と共に何故か緑があるのを感じている昨今です。


 ところで七夕の作り手として心掛けていることは、遠くから見物にいらした方々や、七夕を楽しみにいつも来られる地元の方々が喜んで下さる、七夕飾りの可能性の追求です。ハーブの香りが風にゆらぐ吹き流しから伝わる「香り七夕」。松竹梅亀鶴の水引で日本の伝統美を表した水引七夕。横糸をぬいて縦糸で涼やかさを表した「手織りのさおり七夕」等々。小さな工夫や新規性は、毎年飾りのどこかに加えるようにしています。
 また、いろいろな小学校に七夕のお話でお伺いした際は、いつも子供達が七つ飾りの意味などを熱心に覚えてくれますので、七夕の伝統が次世代に継承されていく喜びを感じます。

 仙台七夕祭りは、日本に七夕が伝来してから、千年以上もの時をつないで、今日まで伝えられています。千年経た新世紀の今も、この仙台の地で七夕祭りが毎年行なわれていることこそ、改めて考えると不思議です。
 そしてこのささやかな本が、七夕の心とともに七夕作りが伝承され続けることのお役に立てばと願ってやみません。











































H14 金賞

発刊に寄せて
                                              菊地ひろ子

 華やかな七夕飾りが風に揺れ、行き交う人々の頬を撫でていきます。 夏、真っ只中の8月6日から三日間にかけて開催される仙台七夕祭り。杜(もり)の都は、まるで蒼空を覆うようにして、限りなく美しい彩りの海と化します。

 藩政時代から脈々と受け継がれてきた仙台七夕祭りは、市民の祭りへの深い想いが町ぐるみの競演となって伝統を守り、今では、日本全国にその名を知られるようになりました。 織女星と彦星のロマンにあふれた星の伝説から生まれた七夕。もともとは、各家庭で軒先に飾って願いごとを託すというのがはじまりでした。時代の移り変わりは、飾り付けも創意工夫のなか、年々、豪華さを増してきましたが、今でも昔ながらの手作りによる飾り付けを行っている商店街もそこかしこに見られ、素朴なあたたかさが伝わってくるようで、うれしくて思わず見入ってしまいます。

 七夕祭りは、全市を挙げて参加してほしい−これが私の願望であり、夢でした。長年にわたって、子供会や学校などで七夕教室を開き、七夕の由来や伝説を話し、飾りの作り方を指導してきたのも、そのような考えが根底にあったからでした。

 七夕飾りを家族で作ることは、心をふれあわすコミュニケーションの場ともなります。親と子、孫とおばあちゃん、そして、兄弟と、飾りの一つ一つの意味を知りながら楽しく作り上げていく...この姿こそが、家庭教育の原点のような気がしてならないのです。

 ある学校では、班ごとに協力して七夕飾りを作っていますが、指導した私に感想文が寄せられましたので、一部紹介します。

「みんなで一つのものを作り上げた時の喜び。バンザイと飛び上がって、みんなで抱き合った」

「今まで口をきいたこともない嫌いな人と同じ班になった。でも、七夕ができ上がる頃には、とても仲良しになることができた」

「一番町のアーケードの下に、僕たちの七夕を飾った。自分たちの作ったものが、一番良く見えてとてもうれしかった」

 私は日本の伝統文化などを紹介する目的で開催されるヨーロッパでの「ジャパンウイーク」に、何度か参加しました。そして、さまざまな国で「七夕飾り教室」を開き、七夕を通して、いろいろな国の人々と語り合い、心のふれあいを深めることができました。フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、スペイン...。

どの国に行っても、和紙の美しさに好奇心を持たれました。

 私は、できるだけ着物姿で飾りの作り方を教えますが、フランスでは子どもたちが私の着物のそで袖を引っ張って、「マダム」などと呼びながら作り方の指導をさいそくします。そのあどけない表情を見て、美しいものに感動する心はどこの国も同じであることを感じたものです。

 作り方の説明もうまく伝わったかどうか不安でしたが、どの国の人たちも一生懸命作っていました。今でもその時かかわった人たち、子どもも含めて、クリスマスカードが私の手元に届きます。

 実は、外国に行く前が大変なのです。私はチーフインストラクタとして、まず、スタッフに七夕飾りの作り方を教えることから始めます。さらに、外国に持って行く七夕飾りの手直しなど、出発までのいろいろな準備は、たくさんの人たちのあたたかい協力があってこそのものと、感謝しています。

 仙台七夕祭りは、多くの人々の協力があって運営されています。七夕飾りを作る人たちはもちろんですが、祭りの企画運営をしている七夕祭協賛会の方々の大きなカ、前夜祭の花火大会に奔走してくださる青年会議所の方々、七夕パレードに参加して祭りを盛り上げてくれる市民の皆さん、そして、毎年、最良の竹を提供してくださる方……。

 仙台七夕祭りを見にこられた遠来の方々にも、このように祭りを支える力があってこその伝統であることを感じてもらえれば幸いです。

 七夕祭りは、飾り付けにこそ仙台独自のものがありますが、「七夕」そのものは、古くから日本に伝わってきている祭事です。豪華でなくてもよいから、家族で作った素朴な七夕飾りが、あちこちの家の軒先に飾られたらうれしい…そんな思いで、この小冊子の発刊に至りました。仙台伝統の七夕飾りの作り方を書いておりますので、ぜひ、お作りになって軒先を彩ってください。

2001年 星祭りの日に